♪ほんわかでいこう~♪ 
お気楽セラピストみいみいの、日々のセッションや日常で感じたこと、思ったことを、「ほんわか」で「ゆるゆる~ん」と書いてます(*^^*)
きっかけのぺん♪
今日はお日さまが出てくれましたね

寒くてもほっと和んだ一日でした

お日さまが出てくれると、本当にほっと和みます

最近対面セッションやスカイプのセッションでもお話している私自身のトラウマの解放と、その後のすっきり感について、
ちょこっと書いてみようと思います

誰の中にも辛いこと、苦しいこと、悩んでることってありますよね
私もあります。
今までず~っと抱えていたことのひとつが、す~っと晴れて、そして面白いに代わって出来事。

昨年の年末、長男君と本屋さんに行きました。
カレンダーと手帳、そして、年末年始に読みたい本などなど・・・。
本屋さんや電気屋さんなど、何時間でもいられるくらい、遊園地状態の長男君と私
カレンダーを決め、本を見て、さぁ、手帳を買いましょう~となりました。

毎年手帳は薄いものと決めています。
以前システム手帳が流行った時に買ったりしましたが、結局重くて挫折・・・
それからは、シンプルなうっす~い手帳に書き込んでいました。

でもでも、去年の年末はなんだかとっても気になる手帳が・・・
気になるけど「でっかい・・・」
でも、「この色に魅かれる・・・」
でもでも「でもでっかい・・・」
でもでもでも「でもこの色大好きなんだよなぁ・・・」と、手帳コーナーで行ったり来たり。。

すると長男君がやってきて、
「みいみい、決まった?」
「う~ん。候補はあるんだけどね~、ちょっとかんがえちゃってね~・・・。」
「なんで悩んでるの?気に入ったんなら買えばいいじゃん。欲しいんでしょ?」と、
あっさり一言長男君。
「色もいいし、書きやすそうなんだけどね~、でっかいんだよね~」
と、優柔不断な私。
「だってさー、車で移動でしょ。俺みたいにいろいろ持ち歩くわけじゃないんだからいいんじゃない?
気に入ったなら買えば?」と、あっさり。
「そうだよね、サブバッグにいれればいいよね」と、あっさり決定できた自分がいました。
一個目の「私の手帳はうっす~くなければならない」という思い込みから解放されました。
すると、今度はもう一個、私にとっての大きな選択のコーナーへ。

そうです、ペンコーナー。
今までは頂いた記念品のボールペンでも十分すぎるくらいな私。
でもなぜか、先ほどうっす~い手帳でなければならない私から解放されたら、なぜかペンも買ってみようかと思っている自分がいまして。
でもそこで、もう一人の自分がぼそぼそとささやきます
「てかさ、ペン、今あるので十分じゃない?だって文字書くのきらいでしょ?嫌いなものをやるのにお金かけてどうするの~?」
そうなんです。
私の何十年ものトラウマ、「字を書くのが苦手」このテーマがどっかーんと目の前にありました。
幼少期にインプットしたトラウマは、この年になっても解放されず、大事に大事に抱えて持っていました。
今だから話せますが、文字を書くと汗が出るくらい苦手で、書類を書くと目が回るぐらいきついときもありました。
どれだけぐるぐる巻きになっていたのか、想像つくと思います。
でもこの時の私は「でも、この色、なんかほしいんだよね~」という気持ちが大きく、何度も手に取りまた眺め・・・
そして、また長男君登場。。
「みいみい、決まった?」
「うん、でもさー、字が苦手だし、使い切るかわからないし・・・」と定番の言葉を。。
「欲しいなら買ったら?俺ね、気に入った色のペンを買ったら、書くのが楽しくなってペンをちゃんと大事にするようになったよみいみいもさ、気に入った色だったら、きっと楽しくなるだろうし、使いたくなると思うよ
長男君の一言で決定
ペンと手帳を買った帰り道の車の中で、私は小学生が入学準備の文房具がそろってわくわくしている、そんな気持ちでいっぱいになりました。

そして年が明け、新しいペンとでっかい手帳を使い始めました。
すると、あれほど書くことが苦痛で苦痛でしょうがなかったことが、今は書くことが楽しくて嬉しくて。
長男君の言葉で「字が下手だっていいじゃない。下手で書いたっていいじゃない」という自分自身を受け入れ、
楽しみを楽しいとシンプルに思えることが出来るようになりました
幼少期のトラウマ「あなたの字はみみずね」この言葉でみみずのようにしかかけない私、これを克服できました。
今はもう、みみずだっていいじゃないと心が受け入れたことで前よりもゆっくり文字と向き合うことが出来るようになりました
おかげさまでインクを使い切るという嬉しいことも体験できました。
お母さんが子供に「ねぇねぇ見て!インク使い切ったよ~!」と、はしゃいでいるんです。「よかったね~」と
喜んでくれる息子君達。
ほめる方とほめられる側、逆転です
ほめられることを体験すると、今度は自分がほめたくなる。このくるくる体感することで、トラウマの解放もスムーズになっていくんだなぁと、感じました。
解放されるって、本当に気持ちよくって楽しい
ぺん





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://honwakamiimii.blog25.fc2.com/tb.php/222-f8730ae4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック