♪ほんわかでいこう~♪ 
お気楽セラピストみいみいの、日々のセッションや日常で感じたこと、思ったことを、「ほんわか」で「ゆるゆる~ん」と書いてます(*^^*)
小さな家族。
6月になりました。

今年に入り、ヒプノセラピーで「家族の一員である猫ちゃんやワンちゃんとの関わり」についてのセッションが多くございます。

小さい体で、家族に向けて大きな大きな愛情を全力で注いでくれる小さな家族の一員。

この小さな体で家族の所に来てくれた天使ちゃん達は、普段は動物語を話していますが、ヒプノセラピーのセッションの中では、家族のママやパパ、お姉さんやお兄さんたちと普通に私達の人間語で感じさせてくれます。

日常で私達は、天使ちゃんたちを「可愛いあまえっこちゃん♪」そんな風に感じていたりすることがありますが、
ヒプノセラピーで天使ちゃん達とお話すると「とても頼りになる」「しっかりしている」「優しく包んでくれる」といった大きな存在のように感じたとお話になることが多くございます。

虹の橋を渡った天使ちゃんとのヒプノセラピーでは、生きていた時の思い出話をしてくれることもあります。
「体全身使って遊んでくれたことが嬉しかった」「パパのおひざの上に乗りながら、パパの鼻歌を聴くのが嬉しかった」「腰を痛めやすいから、無理しちゃだめだよ」そんな風に天使ちゃんたちはクライアント様に話してくれます。

人間よりも一足早く虹の橋を渡る天使ちゃん達は、短い時間の中で、精一杯私達に大きな愛情をプレゼントしてくれます。

そして、温もりの大切さも感じさせてくれます。

心が寂しさを感じていると、すーっと近づいてきて傍にいてくれたり、ペロペロと、してくれたり。

それぞれの家族の中で過ごした大切な時間を、天使ちゃんたちはとても大切な思い出として虹の橋を渡っていきます。

先日のクライアント様の虹の橋を渡った天使ちゃんとのセッションで、セラピストは泣いてはいけないのにセッション後涙が溢れてしまいました。(まだまだ未熟ものです<(_ _)>

突然に亡くなってしまった天使ちゃん。
でも、クライアントさまとの深い愛情の繋がりを感じて虹の橋を渡った天使ちゃんは、精一杯生きたことをクライアント様に感じさせてくれました。

それぞれの家族の中で、大切な天使ちゃんとの沢山の大切な思い出があると思います。

ちょっと離れる時期がきた天使ちゃん。

いつかまた生まれ変わって、再び出会えることを思っていて頂けたらと思います。

ヒプノセラピーは、時間空間を越えて大切な存在を感じられる、そのようなセッションでもあると、
天使ちゃんたちに改めて学ばせていただきました。









コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://honwakamiimii.blog25.fc2.com/tb.php/181-c672abe2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック