♪ほんわかでいこう~♪ 
お気楽セラピストみいみいの、日々のセッションや日常で感じたこと、思ったことを、「ほんわか」で「ゆるゆる~ん」と書いてます(*^^*)
えほん。
昨日は季節外れの雪にびっくりでした

バラちゃんと クレマチスちゃんと ゼラニウムちゃんと

そして桜ちゃんと

季節外れの雪は、冬の雪と違って白とお花ちゃんの色とが重なり合ってとても不思議空間な感じがしました。

冬の雪というと、何もかも真っ白で、色や香りといった感覚からは遠いイメージがしているのですが、

この季節外れの雪は、白さの中に色があって、そして香りがあるという感覚が伝わってきます。

「雪」という出来事にはびっくりでしたが、「雪と色と香り」というプレゼントを感じさせてもらえて、

ちょっとラッキーと感じました


感覚、といえば、最近知り合いのお姉さんから本を借りました。

「えほん」です。

以前から絵本のことが気になっていました。

「なんかすごーく絵本を読みたい」

いつものゆるーい感じでひらめき、お姉さんと話をしていたら、数冊の絵本を貸してくれました。

どれもほっこりほかほかになる感覚で、何度も何度も開いてしまいます(笑)

絵本はとてもシンプルに心に働きかけてくれます。

イメージの感覚。

そして、不思議なことに、何度開いても絵本が新鮮に感じたり、またはとても懐かしく感じたり。

絵本はとても私的な時間をプレゼントしてくれます。

息子君たちが小さい頃、寝る前に絵本を読み聞かせしているうちに自分が心地よくて最後まで読み切らずに
バタッと本が顔に被さってびっくりして目を覚ますといった笑えることを思い出したり。

心をリラックスさせてくれる、素敵なエッセンスなのだとこの頃特に感じるようになりました。

ひらがなと優しい絵の絵本。

思春期の息子君も絵本を読み、「みいみい、これ、とってもいいね~学校に行ってみんなに読んでほしい~」と、とてもウキウキな感覚です。

大人の方も久しぶりに手に取って開いてみると、今の自分にヒントを感じさせてくれることがあるかもしれません。

怖がらせる言葉ではなく、ゆったりやさしく綿菓子のように

がってん母ちゃんな私も、やさしい綿菓子のような感覚を絵本からもらい、つかの間の優しいお母さんの感覚を楽しみました

今日は息子君のお誕生日。ちょっとお母さんネタを書いてみました。








コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://honwakamiimii.blog25.fc2.com/tb.php/179-b39c09a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック