♪ほんわかでいこう~♪ 
お気楽セラピストみいみいの、日々のセッションや日常で感じたこと、思ったことを、「ほんわか」で「ゆるゆる~ん」と書いてます(*^^*)
星と女の子
昨日今日と気温が上がり、「春っぽいね~」と、会話もほっこりでした

先日のオリジナルヒーリングでの出来事。

ヒーリングでクライアント様が受け取る感覚はその日その時その人によってさまざまな感じ方がございます。

ふか~く眠ってすっきりした感覚もあれば、肉体に感じる感覚、マッサージしてもらっているような感じ、

また、肉体というようりも心に感じる感覚、目を閉じているのに別な世界感を見ている感じ、

地球に居るはずなのに、宇宙を飛んでいる自分、など、その時その方に必要な感覚でヒーリングが進んでいきます。

先日のセッションでは、ベッドに横になって頂き、目を閉じてさぁスタート!

次の瞬間「ころころ笑ってしまう」クライアント様。

クライアント様が「なんだか笑っちゃうんです笑いが出てしょうがないです」と、

ころころ笑いながらセッションが始まりました。

「大丈夫ですよ~、そのまま笑えるまま笑っていて大丈夫ですよ~」とヒーリングしながらお伝えしました。

ヒーリング中、クライアント様へのメッセージを受け取りながら進んでいきます。

そして、エネルギー体とやり取りしながら進んでいくと、胎内退行のビジョンが出てきました。

そのビジョンと同時にクライアント様が横向きにそして胎児がお腹の中にいる姿勢と同じ形になりました。

そして、過去世のビジョンなども見えてきて、満点の星空にニコニコ話しかけている女の子がいました。

嬉しそうに、「今日もお星さまに会えたね、今日はね、こんなことがあったんだよ」と、

大切なお友達に話しているかのようにきらきら瞳を輝かせている女の子。

ヒーリング中にその女の子が今のクライアント様に伝えたかったことを、セッション後にお伝えしました。

すると、今のクライアント様の状況、そしてこれからの状況など、過去世の女の子が伝えてくれたメッセージと

いろいろなことが符合していて、お互いにびっくりびっくりでした

クライアント様に過去世の女の子からのこれからの生活に向けてのプレゼントだったのかもしれません。

時空を超えて、心が喜ぶことはどんなことなのかを伝えてくれた女の子。

クライアント様にとって、お星さまという大切な存在が今もちゃんと見守っていること。

ヒーリングを通してお伝えすることが出来ました。

ヒーリング中に笑っちゃうという出来事、結構あることなんです

笑っちゃっていいんです

なんで笑っちゃうのか、なんて考えなくても、後から答えがやってきます

ヒーリングで笑っちゃいそうになったら、どうぞ止めずに笑っちゃいましょう

笑えるヒーリング

過去世のクライアント様も、ころころ可愛い笑顔で笑っていました

お星さまも女の子にニコニコ

過去も今も、ニコニコ繋がり

笑顔っていいですね~
きっかけのぺん♪
今日はお日さまが出てくれましたね

寒くてもほっと和んだ一日でした

お日さまが出てくれると、本当にほっと和みます

最近対面セッションやスカイプのセッションでもお話している私自身のトラウマの解放と、その後のすっきり感について、
ちょこっと書いてみようと思います

誰の中にも辛いこと、苦しいこと、悩んでることってありますよね
私もあります。
今までず~っと抱えていたことのひとつが、す~っと晴れて、そして面白いに代わって出来事。

昨年の年末、長男君と本屋さんに行きました。
カレンダーと手帳、そして、年末年始に読みたい本などなど・・・。
本屋さんや電気屋さんなど、何時間でもいられるくらい、遊園地状態の長男君と私
カレンダーを決め、本を見て、さぁ、手帳を買いましょう~となりました。

毎年手帳は薄いものと決めています。
以前システム手帳が流行った時に買ったりしましたが、結局重くて挫折・・・
それからは、シンプルなうっす~い手帳に書き込んでいました。

でもでも、去年の年末はなんだかとっても気になる手帳が・・・
気になるけど「でっかい・・・」
でも、「この色に魅かれる・・・」
でもでも「でもでっかい・・・」
でもでもでも「でもこの色大好きなんだよなぁ・・・」と、手帳コーナーで行ったり来たり。。

すると長男君がやってきて、
「みいみい、決まった?」
「う~ん。候補はあるんだけどね~、ちょっとかんがえちゃってね~・・・。」
「なんで悩んでるの?気に入ったんなら買えばいいじゃん。欲しいんでしょ?」と、
あっさり一言長男君。
「色もいいし、書きやすそうなんだけどね~、でっかいんだよね~」
と、優柔不断な私。
「だってさー、車で移動でしょ。俺みたいにいろいろ持ち歩くわけじゃないんだからいいんじゃない?
気に入ったなら買えば?」と、あっさり。
「そうだよね、サブバッグにいれればいいよね」と、あっさり決定できた自分がいました。
一個目の「私の手帳はうっす~くなければならない」という思い込みから解放されました。
すると、今度はもう一個、私にとっての大きな選択のコーナーへ。

そうです、ペンコーナー。
今までは頂いた記念品のボールペンでも十分すぎるくらいな私。
でもなぜか、先ほどうっす~い手帳でなければならない私から解放されたら、なぜかペンも買ってみようかと思っている自分がいまして。
でもそこで、もう一人の自分がぼそぼそとささやきます
「てかさ、ペン、今あるので十分じゃない?だって文字書くのきらいでしょ?嫌いなものをやるのにお金かけてどうするの~?」
そうなんです。
私の何十年ものトラウマ、「字を書くのが苦手」このテーマがどっかーんと目の前にありました。
幼少期にインプットしたトラウマは、この年になっても解放されず、大事に大事に抱えて持っていました。
今だから話せますが、文字を書くと汗が出るくらい苦手で、書類を書くと目が回るぐらいきついときもありました。
どれだけぐるぐる巻きになっていたのか、想像つくと思います。
でもこの時の私は「でも、この色、なんかほしいんだよね~」という気持ちが大きく、何度も手に取りまた眺め・・・
そして、また長男君登場。。
「みいみい、決まった?」
「うん、でもさー、字が苦手だし、使い切るかわからないし・・・」と定番の言葉を。。
「欲しいなら買ったら?俺ね、気に入った色のペンを買ったら、書くのが楽しくなってペンをちゃんと大事にするようになったよみいみいもさ、気に入った色だったら、きっと楽しくなるだろうし、使いたくなると思うよ
長男君の一言で決定
ペンと手帳を買った帰り道の車の中で、私は小学生が入学準備の文房具がそろってわくわくしている、そんな気持ちでいっぱいになりました。

そして年が明け、新しいペンとでっかい手帳を使い始めました。
すると、あれほど書くことが苦痛で苦痛でしょうがなかったことが、今は書くことが楽しくて嬉しくて。
長男君の言葉で「字が下手だっていいじゃない。下手で書いたっていいじゃない」という自分自身を受け入れ、
楽しみを楽しいとシンプルに思えることが出来るようになりました
幼少期のトラウマ「あなたの字はみみずね」この言葉でみみずのようにしかかけない私、これを克服できました。
今はもう、みみずだっていいじゃないと心が受け入れたことで前よりもゆっくり文字と向き合うことが出来るようになりました
おかげさまでインクを使い切るという嬉しいことも体験できました。
お母さんが子供に「ねぇねぇ見て!インク使い切ったよ~!」と、はしゃいでいるんです。「よかったね~」と
喜んでくれる息子君達。
ほめる方とほめられる側、逆転です
ほめられることを体験すると、今度は自分がほめたくなる。このくるくる体感することで、トラウマの解放もスムーズになっていくんだなぁと、感じました。
解放されるって、本当に気持ちよくって楽しい
ぺん





心の中の探検♪
今日も寒い一日でしたね

寒い日は温かい飲みものがホッとさせてくれます

我が家ではほっと麦茶が人気です

去年はなた豆茶とハトムギ茶のブレンドが人気でした

先日のヒプノセラピーのセッションも、ほっと温まるセッションでした。

クライアント様のまっすぐなお人柄を感じながら、セッションを進めさせていただきました。

ヒプノセラピーに限らず、どのセッションの前にも心のデトックスをさせて頂いております。

この時、静かなときもあれば、大喜利みたいに爆笑することもあります

私たちの心の中は、喜怒哀楽、くるくるいろいろな感情があって、いろいろな表情を持っています。

お悩みがあっても、面白いって感じる出来事もあれば、悲しくっても笑いたいとか、本当は甘えたいけど甘えちゃいけないとか、しっかりしたくないのにしっかりしなくてはなどいろいろいろいろな感情が常にありますよね

なので、このデトックスの時間にいっぱいいっぱいくるくる心の感情が変わることをどんどん体験していただいています。
「あたしだって辛いんだ。」「ぼくだってせいいっぱいやってるんだ」「甘えたいんです」「慰めてほしかった」
色々な感情を言葉にして頂く時間です。
みなさん「なんだか今の話と昔の話がごちゃぐちゃしちゃってすみません」と、お気遣いいただくのですが、
「今と昔の感情がごちゃごちゃ出てきていいのです
なぜなら、小さい頃からの色々な感情や出来事が今の悩みにつながっているのです。
ですから、どんどんお話なさって、どんどんすっきりすることで自分が感じたい事柄へとヒプノセラピーで感じて頂けます
ヒプノセラピーも、リーディングセッションも、どのセッションも自分の心の中の探検のような感じです

先日のクライアント様も、自分の心の中の探検を、自分の感じるアンテナで感じていかれました。
自分の心の探検は、怖いものではなく自分のペースで自分の欲しているパーツを手に入れる旅のような感じ。
そのような感覚を、改めて感じさせて頂いたセッションでした

あ、ホット麦茶、ぜひぜひお試しを~





恵方巻き
寒い日が続いていますね。

今日は節分。

節分というと、小さい頃、「でん六豆の鬼の面」が思い出されます

そして、息子君達が生まれてからは、毎年作る恵方巻き。

大人は7種類の具を入れたいなぁと張り切るのですが、

「みいみい、食べる方は大変なんだから、細巻にしてください」と、毎年お決まりのセリフ。
「そうだね~、じゃあ来年は細くしようね~」と話し合い・・・

またその時期が近付くと
「ねね、そろそろ節分だけど、太巻き作らない?今年はきっと育ち盛りだから楽しく食べられると思うよ
と、張り切る私。

「だーかーらー。もうー1種巻きでいいよー。1種巻」息子君達のこんな顔。
でも、毎年作ります。

『太巻き』

そして、今年も作ります。

『太巻き』

「子供に対するいじめだぁ~」と言いながら、毎年完食してくれます。

吉方を向きながら、もくもくと必死に食べている二人の姿が毎年楽しみ。

本人たちは
「みいみいは鬼よりも怖いよね。」
「まったくだ。オニババみいみいだよね。」と、二人でぼそぼそ話していますが、私には風の音~

今年もがっちり太巻き♪太巻き♪

季節の行事は、子供にとってもおとなにとっても楽しい思い出が出来上がります

皆さんのお家の行事のお楽しみは、どんなお楽しみですか~~